トップへ » 当院の診療方針 » インプラント » インプラントとブリッジ、入れ歯の違い

インプラントとブリッジ、入れ歯の違い

インプラント
インプラントインプラントは顎の骨の中に人工の歯根(しこん)を埋入(まいにゅう)してその上に歯をつくっていく方法です。自分の歯と同じように噛めて、違和感がありません。

自費治療となりますので費用が割高になります。また全身状態の良くない方には不向きで、顎の骨の状態によっては骨造成(こつぞうせい:周囲の顎骨の再生治療)を行なう必要があります。

入れ歯
入れ歯入れ歯はご自身でのとりはずしが必要です。入れ歯はバネの部分と人工の歯の部分と人工の歯肉の部分から成ります。バネを残った歯にかけてお口の中で維持させます。残った歯を余り削らないで済むうえに、保険の範囲内での治療も可能です。

ただし、バネのかかった歯が汚れやすかったり、負担がかかってグラグラしてしまうことがあります。また、異物感があり、食べ物がはさまりやすい、喋りにくいなど慣れるまでに時間がかかる場合があります。

ブリッジ
ブリッジブリッジは、固定式です。残っている歯を土台にして歯を失った場所を人工歯(じんこうし)で補います。保険で対応できる場合が多いのですが、抜けた部位によって適用外になります。かぶせる部分がすべて銀色になってしまうので見た目が気になる、という人は自費診療をおすすめしています。

ブリッジにする場合は土台になる歯を削る必要があり、長く使用していると土台になっている歯に負担がかかって、寿命が短くなる場合があります。


トップへ » 当院の診療方針 » インプラント » インプラントとブリッジ、入れ歯の違い


コールバック予約