トップへ » 当院の診療方針 » 医療費控除について » 歯科治療における医療費控除をご存知ですか?

歯科治療における医療費控除をご存知ですか?

歯の治療は高価な材料を使用することもあり、治療代が高額になる場合があります。

保険診療ばかりでなく自費診療でも医療費控除の対象となることがありますが、水準を著しく超えると認められる特殊なもの(人工歯にダイヤモンドを埋めこむなど)は医療費控除の対象になりません。詳しくは歯科医師におたずねください。

本人又は本人と生計を共にする配偶者やその他の親族の医療費を年間10万円以上支払った場合、医療費控除が適用され税金が還付又は軽減されます。

医療費控除を受けるには申告を行う必要があります。申告書は地域の税務署や申告会場へ直接提出するか、郵送やインターネットでも受け付けてもらえます。

申告の際は、以下のものを準備しましょう。
・確定申告書
・医療費の明細書(税務署が用意した支払った医療費を記入する用紙)
・医療費の支出を証明する書類(領収書など)
・源泉徴収票(給与所得のある方のみ)
・保険給付金の控え
・認印
・通帳
・身分証明書
※その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が対象になります。
 (未払い分は対象となりません)
※医療費控除の最高限度額は200万円です。
さらに詳しくお知りになりたい方はこちらへ。
国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp


トップへ » 当院の診療方針 » 医療費控除について » 歯科治療における医療費控除をご存知ですか?


コールバック予約