2009年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2009年11月24日

11月22,23日と開催されたU.S.Cジャパンプログラムの
次年度に向けてのプレセッションのテーマでした。

今回はいつもの国際フォーラムではなく
私の母校の昭和大学での講演会でした。

U.S.Cからバックリー先生と、マーチャック先生が来日されて
素晴らしい講演をして下さいました。

今回も殆どインプラント関連のお話でしたが、
興味深い内容が盛りだくさんで、とても勉強になりました。

美しい歯を作るにはもちろん土台作りから。
アメリカではすぐに補填材を使って骨を作っちゃいます。

日本では狂牛病の問題があってなかなか難しいですね・・・。

アメリカの人々は全く気にしないようです。

国民性、って凄いですね・・・。

美しい歯をお望みでしたら是非ご相談をしてみてください。
無料カウンセリング、やっています☆

2009年11月20日

皆さまの歯科嫌いの1つに、麻酔の注射が嫌い、
というのがあります。

腕の注射も嫌いだけど、歯科のはもっと嫌い!
という方が多いようです。

麻酔時の痛みを緩和するために当院では
まず表面麻酔を塗ります。

そしてもっとも細い針(33ゲージ)を使用して
ゆっくりと体温に暖めた麻酔薬を注入します。

痛くするのは実は簡単なんです。
太い針を使用して冷たい注射液を力を入れて打つことです。

なのでその反対にすれば痛みは大分緩和されます。

皆さまが思っているより、痛くないんですよ~☆

2009年11月18日

最近、審美に対する気持ちを持った患者さまが多いように感じます。

U.S.Cで勉強した時にも感じましたが、
日本人とアメリカ人の美に対する意識には随分違いがあるようです。

色もそうですね。
前歯もハリウッドでは、特別な白い色が人気があるようで・・。

ここまでやったら逆に目立つでしょう、
と思えるやり方を望んでいるそうです。

日本では自然に見える美しさが尊ばれてきましたが
アメリカでは、特にハリウッドでは造形美が好まれます。

私は自然に見えて、なおかつとびぬけて美しい、
というのが好きです☆

2009年11月12日

オズデンタルクリニックのブログにようこそ!

皆様の苦手な歯医者をなんとか身近に、
少しでも楽しい場所に、と思いまして
オズの魔法使いをヒントに名前をつけました。

毎日のように歯医者にトラウマを持った患者さまが
来院されます。

それでもお話させていただいて、治療が終わると
お帰りには皆様笑顔を見せて下さいます。

それが本当にうれしい!!!

スタッフ一同、患者さまの笑顔のために
頑張っていきたいと思います。

今日は初めてですので、私の自己紹介をさせて下さい。

私には高1の娘と中2の息子がおります。

娘は中高一貫校に入ったのですが、学校に馴染めず、
中1の時に不登校になってしまい
親子でカウンセリングに通い、乗り切ることができました。
それでも付属の高校には進みたくない、との意思が固く、
中学を卒業してから単身ニュージーランドに留学する道を選びました。
娘が成田から出国した日。
成田から一人で帰る道、電車の中で泣き続けました。
15歳の娘を手放すなんて、哀して哀しくて・・・。
そんな娘も12月16日に8ヶ月ぶりに夏休みで帰ってきます☆

息子は極真空手とお笑いに夢中な,元気な14歳です。
お笑いは相方と,サイクロンというコンビを組んで活動しています。
最近では咲いたまつりの市民ステージに出演させていただきました。
姉と違って最高に楽しい中学時代を送っています。

私は子供たちをこよなく愛する、お酒大好き人間です。
お酒を楽しく、幸せに楽しむために健康オタクになりました。
ジムに週3回通って、食事も野菜を中心に魚2、肉1の割合を心がけています。

主人は5年前に亡くなりました。
私の両親(91歳と83歳!)が隣に住んでいる環境に暮らしています。

今は息子と2人暮らしです。
息子の友達のお母さんたちとよく飲みに行っていますが
これが最高に楽しいです☆

オズデンタルクリニックとスタッフを
これからどうぞよろしくお願いいたします。

メイン | 2009年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長の吉崎ゆかり

オズデンタルクリニック
院長 吉崎ゆかり

オズデンタルクリニック公式サイト

ゴールは1つですが、そこまでに至る道は何通りもあります。
ベストな治療法もありますが、おひとり、おひとりの考え方によって、ご本人にとってベストな治療が変わってきます。
まずはいろいろお話をさせて下さい。 ご希望に沿った治療方法をご案内させていただきたいと思います。